外国人技能実習生を受け入れるメリットとデメリットは

外国人技能実習生とは、主に発展途上国や新興国の人が、先進国である日本の企業などで働く事によって高い技術を身につけてから母国に戻り、経済的な発展を担う人材になってくれる人を育てるという人づくりを目的として作られた国際協力の制度に基づいて来日した人の事です。


外国人技能実習生を受け入れるメリットは、まず若い労働力がある程度安い賃金で確保する事が出来るという点です。

しかも外国人技能実習生は、意欲的で真面目に日本の技術を身につけようとしているので、作業効率も大幅にアップする事が期待出来ます。さらに周りにいる日本人にも刺激になり良い相乗効果があらわれます。
また、技術を得て帰国した彼らは母国の発展の為に大きく貢献する為、彼らを雇う事で国際貢献が出来ます。


また、海外進出を考えている企業にとっては海外市場への大きな足がかりにもなりますので、それも大きなメリットと言えます。


一方、デメリットも当然あります。
まず、手続きが多少面倒で、複雑な為、受け入れまで時間がかかってしまうという点があります。


受け入れを決めてから大体早くても1年、長いと2年以上かかってしまう場合もあります。



また、外国人技能実習生はずっと雇うことは出来ません。

基本的に3年間という期間があり、一部では5年に延長できるという制度もありますが、それでも期間がくれば、たとえ優秀で貴重な人材だとしても彼らは母国に戻らなければなりません。

他にも、外国人技能実習生が言葉や食、風習など日本の環境に慣れる為にきちんとサポートをする必要があります。



なかなか日本の環境になじめないと、ある日突然いなくなってしまうというケースもありますので注意は必要です。