優秀な人材のカンボジアの外国人研修生について

日本では、少しずつ経済が上向きになっていることをうけ、日本内外の優秀な人材を様々な場で活躍してもらう為の制度を採用しています。


その一つが、カンボジア等を代表する、東南アジア諸国の外国人研修生の制度です。
カンボジアは、そもそも英語学習が非常に盛んで、国民もしっかりと英語を話せる人が多いです。



更に、カンボジアないに、職業訓練センターを設け、その中で、様々な境遇でしっかりとした教育を受けられなかった子供達を対象に、社会へ通用する人材を育てるプログラムを展開してきました。



日本からのバイクやテレビ等の電化製品の修理、裁縫や、パソコンなど、必要なスキルをしっかりと学習することで、優秀な人材育成をしてきました。



そこで、外国人研修生という制度を作り、カンボジアで日本についてしっかりと学習させ、更に、マナー教育や会話力のアップにつながる学習をさせながら、高い能力を持つ人材育成をしています。外国人研修生は、日本国内のあらゆる企業で実際に働きながら、日本の技術や、働く事のすばらしさ、経験を積みます。


企業にとっても、人件費が安くなるうえに、しっかりと仕事をこなす外国人研修生は、強い味方になってくれます。


外国人研修生は、基本的に、一年間の雇用契約の下で、様々な知識や技術を、日本の技術者から習得していきます。
さらに、講習や研修な度を積み重ね、社会へ貢献できる人材へ成長していきます。

ビジネスチャンスの新しい場所としても注目されている国での人材育成は、企業にも多くのメリットがあります。